鍵盤の扱いを熟知していることが前提のジャズピアノ

12キーで練習する目的の補足

 

先日、
12キーで練習する
本当の目的を知っていますか?
という記事を書きました。

https://keiko-onuki.com/2019.7.5

 

それに関して、
もう一つ大事な補足をしようと思います。

 

 

それは、
12キーを鍵盤上で理解することが
ピアノには必要不可欠だということです。

 

 

こちらの動画でも説明しています。
6分54秒
https://youtu.be/keaOH05UYs8

 

 

 

例えば、テキストに、
ヴォイシングは7935で
音を重ねましょう。

と書いてあったとします。

 

 

それを、
そうか、7935で押さえるのは
知らなかった!
じゃあ、今度からそのヴォイシングで
弾いてみよう!

 

 

こんな風に考える人が殆どですよね。

 

ここまでは、
知識が入った状態です。

 

 

そして、
じゃあ、実際に音を鳴らしてみよう。

 

C△7の場合は・・・

Cm7の場合は・・・

こんな風に試していくかと思います。

 

 

さて、ここでお尋ねします。

 

みなさんは、
この状態で終わりにしますか?

 

 

12キーを鍵盤で試すと位置がズレることが分かる

 

 

恐らく、
よく使うキー、コードに関しては、
試すハズです。

 

 

ですが、
ここで終わってしまうと、
本当の意味で、ヴォイシングを
理解したことにはならないのです。

 

 

なぜなら、
7935というのは、
紙面上での知識理解に留まるためです。

 

 

これを、
全てのキーに当てはめてみて下さい。

 

 

驚くほど、キーによって位置関係が
変わることに気付くかと思います。

 

 

実は、
このことを本当に分かっているかが、
アドリブであるジャズピアノが
弾けるかどうか重要なカギになっています。

 

 

譜面ものですと、
キーによって鍵盤の位置関係が
ズレるというのは、
あまり気にしなくても大丈夫です。

 

 

なぜなら、
譜面に書かれていることを
そのまま弾けばいいからです。

 

 

ですが、
その場でアドリブで両手で弾くとなると、
キーによって、位置関係が大きくズレる、
ということを知らないと、
即興で弾けないという事態が起こってきます。

 

 

音楽理論を知っているとか、
有名ピアニストのフレーズを研究するとか、
それ以前の話として、
必ず理解すべき超大事なことなのです。

 

 

鍵盤の扱い方、ピアノの特性、
というものを熟知して、
その上でアドリブをしようね、
というお話になってきます。

 

 

これはとっても大事な話なのですが、
このことを話してくれる人が殆どいません。

 

 

私も、誰かに教えてもらったのではなく、
自分で気づいたくらいです。。。

 

 

こういったことが抜け落ちていると、
なかなかジャズピアノがマスター出来ない
ことになりますので、
是非覚えておいてくださいね。

 

 

今日の内容はこちらの動画でも説明しています。
6分54秒
https://youtu.be/keaOH05UYs8

 

 

 

鍵盤上で理解することの大切さは、
こちらにも詳しくまとめています。
宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。