フレーズ向上のためにコードを攻略しよう!

コード攻略がフレーズ向上に繋がる

 

アドリブが上手くなりたいと
思ったあなたは、
どんな練習をしていますか?

 

 

恐らく大半の人が、
スケールを使って弾いていると
思います。

 

 

または、
フレーズ集を見て研究をしたり、
自分でそのフレーズを試しに弾く、
こんな練習をされているかと思います。

 

 

 

ですが、これだけでは、
ジャズピアノの練習としては、
とてもとても、もったいないです。。。

 

 

ジャズピアノをやっているのであれば、
コードが豊富に出せるスキルを
身に付けることをお勧めします!

 

 

 

なぜなら、
コードが豊富に出せると、
スケールでのアリブフレーズが
飛躍的に良くなるからです!

 

 

コードとフレーズは別物ではない

 

私は以前に何度か、
コードとスケールは同じものですよ、
とお伝えしています。

 

 

この理由が、
今回のお話にも繋がっています。

 

 

一般的には、
スケールが使えても
コードが使えない人はかなりいます。

 

 

そして、
コードが使えている人は、
アドリブの内容も良い、
ということが多いです。

 

 

逆に、コードが使えるのに、
アドリブが出来ないという人を
あまり見たことがありません。

 

 

私がアドリブが飛躍的に良くなった要因に、
コードヴォイシングを
攻略したことにあります。

 

 

 

実際、私の生徒さんも、
きちんとしたヴォイシングをお伝えすると、
アドリブも素人臭さの抜けた
ジャジーなフレーズになっています。

 

 

ですから、
今よりももっとカッコイイフレーズを
弾きたいと思ったら、
コードの研究に時間を使うことを
お勧めしますよ。

 

 

コードとスケールの関係性を更に
理解したい方は、
詳細をこちらにまとめています。

宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

 

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。