初心者が曲練習をしなくてもよい理由

リードシートが発する情報を知っていますか

みなさんはリードシートを
見ただけで、
本当の意味を理解できますか?

 

 

リードシートを使う目的は、
自分の好きなように
アレンジするためです!

 

 

そして、
自由にアレンジしたいからこそ、
余計な事は譜面には載せない、
これがリードシートの本質です。

 

 

つまり、、、

 

 

リードシートに書かれていない
前提となる情報は知っていて当たり前!

 

 

となるのですね。

 

ピアノは選択肢が多い中から選ぶこと

 

前提となる情報が分からないと、
リードシートを最大限に
使いこなすことが出来ません。

 

 

だから、
その場でヴォイシングが出来ない、
スケールが分からない、
という結果になってしまいます。

 

 

単音楽器なら出せる音が単音なので、
前提となる情報が少なくてもよいのですが、
ピアノの場合、
コード楽器と言われるため、
前提となる情報を
正確に把握する必要があります。

 

 

最大限の情報を知った上で、
どの情報を選択するのか?

これが、リードシートが最大限に
活かせている状態です。

 

 

いろいろな方からお話を聞くと、
多くのレッスンでは、
リードシートの前提となる情報を
知らないまま、
いきなり曲練習を始めています。

 

 

そして、

アドリブが出来ない・・・
と言われるジャズピアノ難民が
後を絶えません。

 

 

弾けないのはごもっともです。。。

 

 

曲練習は、
初心者のうちはやらなくていい、
というのが私の考えです。

 

 

その前にいろいろやることが
ありますので。

 

 

リードシートの前提情報さえ
しっかり理解しておけば、
曲練習はしなくても弾けます!

 

 

いきなり、
曲を完成させようとして
つまずいている方は、
リードシートが発信する
そもそもの情報を理解整理をして、
曲の前段階を取り組んで下さいね。

 

 

リードシートが意味することに関しては、
こちらに詳細をまとめています。

宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。