偉大なピアニストのメロディを譜面で見てもこんなものか

シンプルなことしかやっていないピアニストたち

 

アドリブが自由に出来なかった頃の私は、
偉大なピアニストが
何を弾いているかを知りたくて、
楽器屋さんの楽譜売り場で、
譜面をよく眺めていました。

 

 

例えば、
オスカー・ピーターソン。

 

 

この人の譜面をパッと見ると、
うわっ・・・と思って、
すぐに閉じてしまいました。

 

 

 

だって、
譜面が真っ黒!

 

 

ピーターソンは、
早弾きが有名なので、
譜面におこすと、
細かい音符がたくさんなのです。

 

 

ですが、よく見てみると、
音の内容はいたってシンプル。

 

 

こんなことしかやっていないの?!

 

 

そんな気持ちになりました。

 

 

 

ピーターソンに限らず、
他のピアニストの譜面を見ても、
自分が理解できないメロディを
弾いているとは、思いませんでした。

 

 

カッコイイ要素は譜面上には表れない

 

ここで大事な事を1つお伝えします。

 

 

それは、
カッコイイと思うジャズのアドリブ演奏は、
譜面を見てもよく分からない、
ということです。

 

 

つまり、
カッコイイ要素である情報量が
譜面上には表れないのです。

 

 

ということは、
あなたの欲しいカッコイイ要素は、
音以外のところに
あるということ!

 

 

ここに気付かないでいると、
いつまでたっても、
譜面とにらめっこを続け、
ジャズの本質や、ジャズピアノの学び方が
分からないままで終わってしまいます。

 

 

結果、なかなか上達しません。。。

 

 

 

ジャズピアノの上達ステップには、
クラシックのような、
譜面ものの音楽とは全く違う、
ということに気付く必要があります。

 

 

今でこそ、
私はそのステップをレッスンで
お伝えしていますが、
知らない方が多いなと思います。

 

 

是非、ジャズピアノならではの
やり方を知って、
自由にアドリブが出来るように
なってくださいね。

 

カッコイイ要素とは・・・
ジャズピアノならではのやり方とは・・・は、
こちらにまとめていますので、
宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。