テンション系フレーズばかり練習していませんか?

12キーのダイアトニックが大事なワケ

 

初心者中級者が、
ジャズピアノで苦戦する最初の壁に、
セブンスコードをどこまで攻略できるのか
というのがあります。

 

 

なぜ、
ここで苦戦してしまのでしょうか?

 

 

それは、他の音楽にはないことが
集約されているため、
慣れないことだらけだからです。

 

 

こんな私もかつては、
オルタードフレーズが攻略出来なくて、
どうしたものか・・・と悩んでいました。

 

 

 

また、中級者レベルと思われる方は、
セブンスコードの攻略が
不足しているように見えます。

 

 

もし、あなたが、
更にジャズらしさを追求したいと思うなら、
セブンスコードを
攻略することから逃げないようにして下さい。

 

 

そして大事なことは、
セブンスコードを攻略したいなら、
ダイアトニックの12キーを
攻略するのが大前提だと知っておいて下さい。

 

問題解決する為には根本的なことを理解すること

 

実は、
セブンスコードに出てくる
テンション系フレーズを自由に操るには、
必ずダイアトニックの12キーが
体感レベルで分かっていないといけません。

 

 

よく言われる、
12キーで練習しようという
本当の理由はここにあるのです!

 

 

 

同じフレーズが
さっと12キーで出てくるか?
というのは、末端の話です。

 

 

ここを勘違いして、
12キーで練習している人がいますが、
本当の目的より浅いです。

 

 

今日お伝えしたかったことは、
見えている問題解決をするには、
全体像と本質を捉える必要が
あるということです。

 

 

根こそぎ理解しているか?

その練習はどこに繋がるのか?

 

これらは最速で弾けるようになるかの
ポイントです。

 

 

 

なかなか上達が感じられない方は、
今のやり方は
本来の目的に合っているかを
確認してみて下さいね。

 

 

ちょっとした勘違いが
大きな結果成果に左右されますよ。

 

 

あなたの練習をもっと効果的にするための
ジャズピアノの全体像と本質は
こちらにまとめています。
宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

 

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。