覚えるべきことと覚えなくていいこと

ヴォイシングは覚えるがフレーズは覚えなくていい

お試しレッスン、
継続レッスンをやりながら
最近、つくづく思うことがあります。

 

 

それは、
覚えるべきことを覚えなかったり、
覚えなくていいことを覚えようとしたり、
チグハグなことをされる方が
いらっしゃるということです。

 

 

覚えるべきことを覚えないのは、
分かっちゃいるけど、
覚えるの面倒だなあ・・・というのが
ホンネでしょう。

 

 

一方で、
覚えなくていいことを
覚えようとするのは、
早く人並みに形を作らなきゃ・・・
というのが根底にあるからなのだと思います。

 

 

では、
覚えるべきこととと、
覚えなくていいことって
何でしょうか?

 

 

それは、
覚えるべきことは
ヴォイシングです。

 

覚えなくていいことは
フレーズです。

 

ですが、
アドリブが弾けないです、、、
と言われる人ほど、
ヴォイシングを覚えないで、
フレーズを覚えようとします。

 

 

真逆なんですね!

 

ジャズの本質とピアノの構造を理解する

 

なぜ、
ヴォイシングは覚えるべきことで、
フレーズは覚えなくていいことなのかというと、
ジャズの本質とジャズピアノの構造が
理解出来ると、こうなってしまうのです。

 

 

つい、ヴォイシングを面倒で
覚えなかったけど、
覚えないと損!!っとなって、
勝手にヴォイシング研究に
走れるようになります。

 

 

何度も言いますが、
ジャズの本質とピアノの構造を
しっかり理解して、
アドリブ演奏につながる
ステップを踏んでいきましょうね。

 

ついやらなかったヴォイシングの必要性を
感じて練習できるようになるポイントは、
こちらにまとめています。
宜しければご覧ください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

 

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。