コードとスケールは同じものですよ

指の数だけ音が鳴らせるピアノを活かそう

 

私がレッスンで
毎回伝えたいと
思っていることがあります。

 

 

 

それは、
ピアノの良さを最大限に活かして、
ジャズを表現することです。

 

 

 

では、
ピアノの良さって何でしょう?

 

 

 

それは、音域が広く、
両手が使える楽器であることです。

 

 

 

なーんだ!当たり前だよ。
本当にそう思っていたら、
私のブログは読んでいません(笑)

 

 

 

なぜなら、
このことが分かっていれば、
とっくに、どんな練習をすれば
よいかが分かっているので、
弾けています・・・

 

 

 

音域が広く両手を使って
音を鳴らせるのは、
ピアノだけですね。

 

 

 

弦楽器や管楽器も
両手を使っていますが、
指の数より少ない音しか
鳴っていませんよね。

 

ピアノの良さに気付くと構造の把握も出来る

 

もし、
ピアノの良さが分かると、
スケールとコードは同じものだ!
という、
根本的な構造の把握にも
気付けます。

 

 

もし、
スケールとコードが別物だと
思っていたら、
どこかで練習に行き詰まる
可能性が高いです。

 

 

シンプルなことなのですが
意外と盲点で、
かなり深いポイントです。

 

 

今日のブログを読んで
混乱したらゴメンなさい・・・

 

 

でも、
その混乱が次のステップに
繋がりますので、
是非、考えてみてください!

 

 

 

考えたけど、
コードとスケールが同じという意味が
分からない・・・という方は、
こちらにまとめていますので、
宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

 

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。