リディアン7を使って知識を感覚に移行する方法

知識だけでも感覚だけでもアドリブは出来ない

今までみなさんはどんなレッスンや
どんな練習をされてきたでしょうか?

 

ジャズピアノは、他の楽器と違って正直、
覚えることは多いです。

 

私自身、覚えることはとっても苦手なので、
今行っているレッスンでは、
覚えることを最小限にとどめたものを
体系化しました。

 

ただ、何かを削ったのではなく、
突き詰めていくと、シンプルだと分かったので、
覚えることが最小限になったような感じ、
と言うものです。

 

そして、覚えることは覚えた後、
とっても大事な事があります。

 

それは、覚えた段階では知識のままなので、
更に覚えたものを感覚に落とし込む作業が
必要だということです。

 

知識を感覚に移行するという作業が
抜けているがために、
スケールやヴォイシングはある程度弾けるけど、
曲では歌える感じがしない、
面白くない、と言われる方が多いです。

 

また、
極端に、先生の趣味に付き合わされた、
ロジカルなレッスンばかり受けた方、

極端に、とにかく曲を聞きなさいと
ざっくりした感覚的なレッスンばかり受けた方。

 

このような方たちが、私のところに来て、
アドリブが出来ないと相談されます。

 

同じスケールでも感覚が違うことに気付けるか

 

今日は、一つ例をあげます。

 

リディアン7というスケールをご存知でしょうか?

 

このスケールを知らない方は、
ご自身で調べてみて下さいね。

 

曲中にⅡ7若しくは、Ⅶ♭7が出てくると、
どちらのコードにも、
このリディアン7というスケールを使います。

 

だから、多くの人は、
同じスケールを使えばいいんだね!
となります。

 

でもですね、この説明の段階では、
実は知識レベルでは知っているというものです。

 

これだけだと、曲で歌える感じがしませんよ。

 

実際弾いてみると分かりますが、
Ⅱ7の時のリディアン7と、
Ⅶ♭7の時のリディアン7では、
全く感覚が違います。

 

ここが、知識を感覚に移行する作業です。

 

弾くと分かりますが、同じスケールなのに、
Ⅱ7とⅦ♭7の役割が違うので、
同じ種類のスケールなのに、
雰囲気や音の聴こえ方、
スケールのキャラクターが全く違うように聞えます。

 

ここまで感覚的にとらえ、
更になぜ違って聞こえるのか?を
口で説明できるかどうかが、
本当に分かって弾けるレベルです。

 

ですから、
音楽は知識だけでは弾けませんし、
感覚だけでも行き詰まります。

 

入り口はロジカルな知識でも、
実践主義の感覚でも構いませんが、
自分で弾いていて納得いかないという
違和感があるなら、
知識か感覚かに偏っている可能性があります。

 

その時は、
知識と感覚を繋げる作業をすると、
いろいろなことが腑に落ちて
確信を持って気持ちよく
演奏が出来るようになりますよ。

 

知識と感覚をバランスよくまとめた
ジャズピアノの全体像はこちらです。
宜しければご覧になって下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。