ワンランク上のコード奏法をマスターしよう

コード出しを後回しにしていませんか?

 

ピアノの一番のウリって何でしょうか?

 

 

人によって様々かもしれませんが、
私はコードが出せることだと思っています。

 

 

かつての私はコード出しが苦手で、
5年前くらいまでは、
セブンスコードは3と7のトライトーンしか
出せませんでした。

 

 

どうしても分かりやすい、
スケールベースでのアドリブの内容に
注目してしまうので、
コード出しの重要性にすら気付きませんでした。

 

 

ジャズピアノを始めて5~6年経って、
ようやくコード出しを本気でやろうと思ってからは、
コード奏法が
とってもカッコイイ先生に出会いました。

 

 

その先生の奏法を見て、
絶対マスターしたい!と思って無我夢中になり、
当時の練習時間は、1日6時間くらいで、
そのうちコード出しだけで、
4時間くらい費やしていましたね。

 

 

面白過ぎて、快感になり過ぎて、
弾くことが止まらなかったのです。

 

 

傍から見たら変人だったと思います。(笑)

 

 

お蔭で、
最も苦手だったコード出しが、
大好きになっちゃいました。

 

 

聴く人が聴くと、
コードについてはよく褒めて頂きます。

 

コードとスケールは同じもの

 

でも、私からしたら、
基本的な事だけをやったと思っています。

 

 

多くの人が勘違いしているのは、
スケールとコードを別物扱いしている
ということ。

 

 

ここは、
スケールの中にコードがある、
という感覚が必要です。

 

 

スケールの中から選ばれた音が
たまたまコードになっているだけです。

 

 

そのため、
コード奏法をマスターするには、
全体像を理解把握し、
スケールについても基本的なことが理解出来、
実技も伴って弾けていることが前提となります。

 

 

私のレッスンを受ける大抵の方は、
コード奏法の前提である
中級者までが確実にマスターすべき
内容のレッスンを受けていらっしゃいます。

 

 

実は、
私のコード奏法のレッスンを受けた方は、
過去に1人だけで、
会社員をしながら、
セッションホストや演奏活動をされていた方です。

 

 

技術レベルは、
ちょっと上がります。

 

 

しかし、
ジャズピアノを本気でやるなら、
目指すところはここです!

 

 

なぜなら、
スケールしか出せないのは、
単音楽器です。

 

 

ピアニストが
スケールしか弾いていなかったら、
他の楽器のサポートになりません。

 

 

こういった全体のバランスからしても、
ピアニストの役割があります。

 

 

コード奏法は、
ピアニストとしての役割も全うできるし、
サウンドに厚みが出るので、
メロディの音が豊かになります。

 

 

弾いている時はゴージャス&爽快です!

 

 

自分の音が小さくて響かない、薄っぺらい、
と感じている方は是非、
コード奏法にチャレンジしてみてくださいね。

 

 

コード出しの達人を目指す
匠の技マスターコースはこちらです。

https://keiko-onuki.com/lesson/

 

 

 

コード奏法を極める前に必要なことは
こちらにまとめています。
先ずはこちらを実践されて下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

 

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。