指ではなく頭で弾くジャズピアノ

オンラインレッスンが成立するワケ

今年に入って、
オンラインレッスンの
生徒さんが増えてきました。

 

去年は、
オンラインの方は、
1人だったのですが、
今は、
半分より多いくらいです。

 

ここに絡めて、今日は、
ジャズピアノで大事なのは、
頭の整理だというお話をします。

 

みなさんの周りで、
ジャズピアノをやっている方で
譜面が読めない方って
いらっしゃいませんか?

 

それでも、
ジャズピアノが問題なく
弾けてしまうのをご存知ですか?

 

これこそが、
頭の中の整理が大事なことを
意味しているのですよ。^^

 

もちろん、
耳でアドリブを習得する方も
いらっしゃるのですが、
それは、
単音楽器ならなんとか
やっていけます。

 

場数だけでは限界のジャズピアノ

しかし、
ピアノの場合、
音域が広く鍵盤の数が多いため、
単音楽器よりも
やれることが多くなります。

 

そのため、
耳だけを頼りに
ジャズピアノを
マスターするのは
限界があります。

 

ジャズピアノの演奏は、
ピアノの構造を活かしながら、
リードシート、
コードの基礎知識、
これらをリンクさせて初めて
成立するものです。

 

譜面モノは、
ピアノの鍵盤と音符を
一致させるだけで
演奏が成立します。

 

 

なので、
とてもシンプルです。

 

どちらかというと、
場数を踏めば弾けるものです。

 

しかし、ジャズピアノは、
ピアノの構造、
リードシート、
コード知識の3つを
掛け合わせて整理しないと、
アドリブはできないのですね。

 

ここが、
頭の中の整理です。

 

セッションに行きまくって、
アドリブはそこそこできるけど、
確信をもって弾けた感じがしない、
モヤモヤ、不安が残るというのは、
場数を踏むだけではダメだという
ことです。

 

だから、
オンラインレッスンでも
十分レッスンとして
成立するのは、
私が言語化して、
頭の中の整理を
お手伝いするのが目的だから!

 

ここが、
ジャズピアノが弾けるかどうかの
起点となります。

 

決して、
耳が良い悪い、
指が動く動かない、
といったことではないのです。

 

 

もし、
頭の中がモヤモヤしていたら
一度、
脳内をスッキリ整理させてから、
アドリブ練習を始めてみて下さいね。

 

そうすれば、
忙しい時間でも
効率的な練習ができて、
一気に、
演奏が上達しますよ。

 

ピアノの構造、
リードシート、
コード知識のリンクの仕方は
こちらでまとめていますので、
宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。