ジャズピアノ初心者必見 左手が伴奏、右手がメロディだと思っていませんか

根本的な事を理解することの重要性

全てにおいて、

私が最も重要視しているのが、

根本的な理解と本質です。

 

なぜなら、

最も深いところを理解しておかないと、

最低限、何をすべきかが

分からないからです。

 

そうなると、

表面的なテクニックや

フレーズだけを取り込む

ことの繰り返しになり、

根無し草のように

なってしまいます。

 

ピアノはたまたま両手が使えるだけ

 

例えば、

ピアニストが考えがちな、

左手は伴奏、右手はメロディ。

 

クラシックや譜面ものを

演奏してきた人には、

左手が伴奏、右手がメロディ

という思い込みが

定着しています。

 

これは、一見、

正しいように見えますが、

アドリブをするためには、

この考え方は間違っています。

 

この考え方をしていると、

自分が何を軸に演奏したら

よいのかが分かりません。

 

実は、

ピアノも単音楽器も、

根本的には同じ解釈

だと分かりますか?

 

ピアノは、

たまたま両手が使える

楽器なだけです。

 

だから、

単音楽器と考え方は同じ。

 

これが本当に分かれば、

ジャズピアノって簡単なんだ

って、気付けるかと思います。

 

ピアノだから、

両手で弾かなくては

いけないのでは

ありません。

 

ピアノだから、

左手をコード、

右手をスケールで

弾かなくてはいけないのでは

ありません。

 

これが

両手が使えるがための

勘違いを起こす要因です。

 

大事なのは、

構造と本質を本当に分かって、

両手の使い方きちんとマスターして、

たった1つの

落としどころだけを頼りに

演奏を進めていくことなのです。

 

更に、
両手の使い方を知って、
アドリブが
出来るようになりたい方は
こちらもご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。