ジャズピアノは浅く広くまんべんなく

ピアノの役割を理解したらやることが分かる

私が、本気でジャズピアノをマスターしようと思ってから意識したことは、浅く広くまんべんなく、という心がけでした。

それは、ピアノ自体が、多くの役割を果たせるので、誰かのお手伝いをすることを求められやすいからです。

ピアノはどんなことも出来る便利な楽器 = どんなこともピアニストは出来る、のように勝手に思われているのです。

ですから、私は本気でジャズピアノをマスターし始めて3年くらいは、ソロでBGM演奏、セッションやライブで、歌&インストのトリオやカルテッド、ビックバンドで大所帯に対応、と一通りの経験をしました。

ジャズピアノは正直、やることがたくさんあって、覚えることもたくさんあります。

その変わり、弾けるようになると、どんなシーンでも対応できるので、ジャズ仲間から演奏のお声がかかりやすくなります。

伴奏がないと歌えない!吹けない!というミュージシャンは沢山いらっしゃいます。^^

ピアノはサポート役が多い

有名なピアニストは、トリオでライブを派手にやっているかと思いますが、実際ピアノの役割を考えると、誰かのサポートをするシーンが多いことに気付かされます。

そのため、どんな状況にも相手に合わせて対応できる能力を、暗黙の了解でピアノには求められている、そんな印象を私は受けました。

ソロ、トリオ、カルテッド、歌、インスト、コーダル、モーダル、ラテン、ボサ、4ビート、早い、遅い、イントロ、エンディング・・・

こんな感じで、次から次へと、求められる状況があります。

もちろん、この中で得意不得意はあっていいと思います。

ですが、ジャズというジャンルの中では、どんな状況にも対応できる力を身に付けることをオススメします。

あらゆる方向からピアノを見ると理解できる

トリオでカッコイイ演奏をするのも、ピアニストにとっては、とても憧れるシーンではあると思います。

しかし、ピアニストとして成長するなら、どんなシーンでも合わせる能力を持っているかどうか、これも重要な要素となっています!

どんなシーンでも合わせるって、大変そう、と思いますよね。

ですが、ジャズピアノは、細かく見ると、全て基本的なことでしか成り立っていません。

それを理解するためにも、浅く広くまんべんなく、自宅の練習や外での演奏を経験すると、相互関係が結びついて、一気に「使える、使ってもらえるピアニスト」に成長出来ます。

また、いつも同じ環境ばかりを経験してしまうと、アプローチが同じになってしまうので、抱えている問題が解消されなかったり、根本的な問題に気付かないままとなります。

新たな発見もないまま、成長しずらい状態ともなります。

ですから、ある程度演奏が出来たら、いろいろな経験を積むことをオススメします。

経験こそが、自分を育ててくれますので、宝になりますよ!

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。