音符表記を止めることがジャズピアノ上達への近道

クラシック出身にありがちな音符表記のクセ

今回の話は、譜面が読める、クラシック出身の方には必見です。

私は、小・中学校の時にクラシックピアノをやっていました。

なので、譜面は読めます。

しかし、ジャズは大人になってから始めた人も多く、譜面が読めない人もけっこういらっしゃいます。

実は、ジャズにおいては、譜面が読める読めないは、あまり支障をきたしません。

むしろ、譜面を読むことにより慣れ過ぎて、アドリブ演奏が出来なくなってしまうのがジャズでもあるのです。

音符ではなくて、数字で音を認識することが大事

まず、ジャズピアノを弾く上で大事なことは、コードへの理解と音を数字で把握することの2つです。

この2つが把握できると、なんと譜面は必要ありません。

もともと、ジャズはその場でアドリブをするものです。

細かい計画よりも、大まかな柱、最低限のルールがあれば、その場でアレンジをして楽しもうね!という音楽なので、譜面は無くてもよいのです。

しかし、クラシックをやっていた人にありがちなこととして、アドリブやコードを五線紙に音符表記して覚えようとすることです。

これは、気持ちとしてはよく分かります。

私も初心者の頃は、リードシートに別紙、2段譜でコードを音符表記に書き直して弾いていました。

ですが、アドリブ、即興演奏をしたいのであれば、音符表記からいかに早く離れるかは、ジャズ初心者にとっては必須な条件となります。

音符表記を止めたら何をしたらよいのか

まず、ジャズ初心者がやってほしいこと。

それは、音を数字で把握することです。

いわゆる、「ナンバリング」というものです。

実は私、初心者の頃、これを面倒臭がってやらずに、6年も放置していました。(汗)

これをやらなかったがゆえに、アドリブが出来なかった、と今となっては断言できます!

音を数字で把握する目的は、転調の多いジャズでは、とても便利だからです。

数字は、キーごとに相対的にズレていきますが、これがとても便利です。

また、コードも度数表記になるため、転調、移調した時に、数字で認識する必要があります。

正直、クラシック出身の私は、初心者の頃は覚えることがたくさんあって、大変でした。

でも、ナンバリングに慣れないと、ジャズピアノが弾けないと分かってからは、コツコツ覚えていきました。

覚え方にもコツがあるのですが、これをすっ飛ばしては、即興演奏は出来ないと思ってください。

でも、ここがマスターできると、一気にジャズへの理解が進むので、楽しくなりますよ。

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。