音符ではなく数字で音を把握しよう

クラシックでの常識はジャズでは通用しない

 

みなさんの頭の中は、
ジャズに相応しい脳に
なっていますか?

ジャズに相応しい脳って何??
と思われる方も
いらっしゃるかもしれません。

 

ジャズピアノを
大人になってから始める方に
多くみられるのが、
クラシックピアノでの経験や
常識をそのまま持ち込んで
いることです。

 

これは、本人も良かれと思って
やっていますが、
殆ど無意識です。

残念ながら、
クラシックピアノが
上手くいった経験や常識は、
ジャズに通用しません。

特に、
アドリブが出来ない
初心者の人は、
クラシックの経験が
邪魔になるくらいです。

もちろん、
ムダな経験ではないですよ。

 

クラシック脳からジャズ脳へ移行する

 

例えば、
クラシック脳からジャズ脳へ
移行する中で、
特に大事なことがあります。

それは、
音を音符で認識することから、
数字で認識することへ
切り替えることです。

これが出来ないと、
アドリブ習得への道は遠ざかります。

そんなの関係ないと言えるのは、
耳の良い感性派の天才だけです。

普通の人は、
音を数字で認識する力がないと、
アドリブは出来ません。

私は、
アドリブがまともに出来なかった頃、
音を数字で認識することを軽視していました。

暗記することが、
大の苦手な私だけに、
そんなの面倒臭いと思って、
一向に覚えようとしませんでした。

 

そんな私が、
音を数字で認識することの
重要さに気付いたのは、
ジャズピアノの構造を
把握してからです!

ピアノは構造が複雑なので、
どう考えても
音を数字で認識できないと、
弾けないと分かったのです。

 

カッコいいジャジーな
サウンドでセッションに
参加したいと思ったら、
やるべきことはやらないと
弾けません。

やるべきことというのは、
ジャズピアノの
構造と本質が分かれば、
すんなり出来ます。

ここが出来ると、
ジャズピアノって
簡単だったんだー!
と、本当に分かりますよ。

 

更に、アドリブが
出来るようになるための
コツが知りたい方は、
こちらの、
8日間無料メール講座で
ご覧頂けます。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。