コードワークって何をするのですか?

コードワークをやった結果どうなるのか

 

先日、
1年コースに一区切りをつけた
生徒さんが、こんなことを
言われていました。

 

初心者の人は、
コードワークすらも
何をしたらよいのか
分からないんです・・・

 

なるほど、
確かにそうですね。

ジャズピアノが弾けるために、
具体的にやることとしては
コードワークが本当に大事です!

こちらの生徒さんは、
コードワークだけで
曲をやらなくても、
曲が弾けるようになっていました。

それくらい、
曲の練習だけをやっても弾けません。

 

コードワークをする上での大事なこと

 

例えば、
コードワークと言えば、

 

・ヴォイシングを覚える

・ⅡⅤⅠを使ってアドリブをする

・難しいスケールを覚える

 

と、他にもメニューは無限にあります。

でも、
これらは根本的な目的を
理解した上で、やる必要があります。

その目的を理解しないままでやると、
字ズラだけで覚える
丸暗記状態になってしまいます。

子供は、
このやり方でも大丈夫ですが、
大人はダメです。

なぜなら、
目的がないと
その練習をする必要性を
感じられないので、
やる気にならないのです。

 

最終的には、
感覚的なことで理解するのですが、
初めの一歩は、
目的をよく理解しないと
絶対に練習をしようと思いません。

 

なぜ弾けないのか?

なぜこれをやる必要があるのか?

 

ここをしっかり分かった上で、
日々の練習に
取り組む必要があります。

練習の目的を知ること、
それが、
ジャズピアノの全体像を
知ることです。

ここが分からないと
目的だって分からないのです。

 

いきなり練習メニューを立てる前に、
どの順番で、
なぜこれをやる必要があるのか?

ここを腑に落とせば、
毎日のコードワークも
楽に続けられて、
結果、
アドリブが出来るようになるんですよ。

 

更に、アドリブが
出来るようになるための
コツが知りたい方は、
こちらの、
8日間無料メール講座で
ご覧頂けます。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。