自分でアドリブを作り出すことが出来ますか?

最低限の知識があれば弾けます

今日は今年最後の
投稿となりますので、
今年を振り返ることと、
来年どうするかを考える
内容にしようと思います。

 

今年、1年間、
あなたはジャズピアノに関して、
どのような学びがありましたか?

 

どのような練習や活動に
取り組んできましたか?

 

今年の私は、
人に教えるということを通して
多くのことを学びました。

 

その学びの中で、
みなさんに、
お伝えしたいことが
一つだけあります。

 

それは、
ジャズピアノを弾くためには、
最低限の知識を正しく理解すれば
誰でも弾けるということです。

 

「最低限」というのが
ポイントです!

 

では、最低限ってどこまでなの?
ということですよね。

 

考え方はピアノも単音楽器も同じ

 

それは、
単音楽器がやっていることと
ピアノがやることに
違いがないと、
理解出来た時です。

 

なぜなら、
ピアノも単音楽器にもなれる
わけだからです。

 

この考え方に気付かないと、
ピアノという役割が
活かせないまま
終わってしまうのですね。

 

もちろん、
単音楽器とピアノが
実際やることや
求められる役割は違います。

 

ですが、
知識を正しく理解すると、
単音楽器と同様、
やることは
シンプルなものであると
気付けるのです。

 

 

私のレッスンは、
非常に地味な事を
やります。(笑)

 

なぜなら、
最も大事なことは
シンプルかつ地味なこと
だからです。

 

シンプルかつ地味なことを
理解したら、何通りでも
カッコいいフレーズだって
弾けます!

 

わざわざ、
人の作ったフレーズを
覚えるような
面倒なことは必要ありません。

 

人の作ったものを
覚えたとしても、
自分で作った感じがしないので、
そのフレーズが
弾けたとしても
満足度が低いのです。

 

 

そうです。

 

 

アドリブは自己表現なので、
「自分で作った感」が
あるかないかが重要なのです。

 

 

来年こそは、
人のコピーを止めて、
フレーズ集も止める!

 

そう決意した方は、是非、
今までやってきたことを
一度手放すことを
されてはいかがでしょうか?

 

きっと、1年後は、
想像を超える演奏ができる
自分になっていると
思いますよ。

 

来年に向けて、早速、
新しいアドリブマスター方法を
知りたい方は、
こちらをご覧になって下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。