自由に歌えるアドリブとは

意図的に音を出せるかが重要

アドリブが自由に出来ない人は
同じような事を言っています。

 

特に多いのが、
自由にメロディを歌いたいです!

 

はい、
お気持ちとってもよく分かります。

 

上手な人の演奏を聴いて、
自分もあんな風に、
自由に歌っているような
メロディーのアドリブを
してみたい・・・

 

アドリブが出来なかった
当時の私も
同じように思っていました。

 

 

では、
自由に歌えるアドリブとは
どういうものなのでしょうか?

 

 

これは、
瞬時に意図的に音を選んで
出した音が続いた結果が
歌えるアドリブ
と言えます。

 

間違っても
天から降ってくる
ことではありません。。。

 

なんとなく音を出さない練習をしよう

 

実は、プロは皆、
なんとなくメロディを
出していません。

 

 

自然の流れのように見えて、
めちゃめちゃ
意図的に音を選んで
鳴らしています。

 

 

もちろん、
これすらも訓練すれば
自然と出来るので、
天からメロディが
降ってくるように見えます。

 

 

それは、
意図的に音を選び抜いて
鳴らすことを
かなりトレーニングした
結果なのです。

 

 

それなのに、
何も分かっていない人が、
たまたま音を鳴らしたり、
気分によって弾いてみたい音を
出すことばかりを
している人が多いです。

 

 

ジャズピアノを始めて
ある程度の時間が経ったら、
意図的に、
どのタイミングで
どのコードで
何の音を出すのかを
決めて音を出すことを
練習する必要があります。

 

 

これを続けた結果、
自然と自由に歌える感覚で
アドリブができるように
なります。

 

意図的に音を出すためには根本的な解釈が必要

 

意図的に音出すというのは、
やっぱり、、、

 

 

ジャズピアノの根本的な
理解が必要なのですね。

 

 

理由があって、
その音が出せるかどうかです。

 

 

アドリブは、
たまたまではなく、
どこまでも説明できてしまう
ものです。

 

 

ジャズピアノの
基本的な構造と
本質が分かれば、
自由に歌えるアドリブは
誰にでも出来るのですよ!

 

どうしたら
意図的に音が鳴らせるかを
もっと知りたい方は、
こちらをご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。