自分で練習をメニューを立てられますか?

練習メニューの本質

みなさんは、

自分で自分の練習メニューを

立てることができますか?

 

聴いた感じでは

弾けているように見えても

実は自分は何をやったらよいか

分からない・・・

そんなご相談をよく頂きます。

 

自分で練習メニューが

立てられないというのは、

 

ズバリ

ジャズピアノの構造が

分かっていない証拠です。

 

なぜなら、

練習メニューというのは

先の見通しが立っていることが

前提だからです。

 

練習メニューが立てられると得られるもの

 

例えば、

今から会社に行こう!

と思った瞬間、無意識に

会社までのルートが

見えています。

 

だから、会社まで

辿り着くことができるのです。

 

練習メニューも同じです。

 

弾けるようになることが

目的だとしたら、

その目的地までのルートが

練習メニューです。

 

ということは、

練習メニューが立てられない

というのは、

目的地である

「弾けるようになる」が

現在地から

どの方向にあるのかが分からない

ということになりますね。

 

だから、

地図を広げたような

ジャズピアノの全体像の把握が

最も大事になってくるのです。

 

 

練習メニューが

自分で立てられる時点で、

先の見通しが立つので、

弾けなくても不安にはなりません。

 

私の生徒さんでも、

まだ弾けないけど、

何をやったらよいかが分かったので

もう安心です!

と言っているくらいです。(笑)

 

人は、先の事が見えないと

モヤモヤしたり、

不安になったりと、

落ち着きません。

 

少なくとも

モヤモヤや不安を

解消するだけで、

落ち着いてやるべきことに

集中でき、

結果、アドリブが出来て

セッションに参加できるように

なりますよ。

 

 

モヤモヤや不安が解消されて
どんなことをやったらよいかを
知りたい方は、
こちらもご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。