指が早く動かないことを悩んでいるあなたへ

クラシックとジャズは真反対

私が質問を頂く中で、
これは大きな勘違いだなぁと
思うことがよくあります。

それは、
クラシックピアノの常識や習慣を
そのままジャズに
持ち込んでいるということです。

クラシック経験の長い人ほど、
当たり前にやってきたことなので、
気付いていません。

つい先日も、
生徒さんにお伝えしたことを、
再度ここでお伝えします。

 

それは、

クラシックとジャズの常識は
真反対である

 

クラシックの常識は
ジャズの非常識であり、
ジャズの常識が
クラシックの非常識だと
思ってよいです。

そうでないと、
アドリブという即興演奏には、
なかなか到達出来ません。

 

指は早く動かなくても大丈夫

 

例えば、
クラシックピアノで
指を早く動かすことを
練習することは、
当たり前にやりますよね。

練習するとしたら、
ハノンや教則本といったもの
でしょうか。

しかし、
ジャズピアノは指を早く
動かすことを目的にした練習は
必要ありません。

出来るに越したことがない、
という程度です。

その理由は、
ジャズの本質が分かれば
一目瞭然です。

つまり、
ジャズピアノがどういうものなのか、
「本当に分かる」状態でないと、
結果に結びつきにくい練習を
してしまうのです。

これが、
クラシックでやったことを
ジャズに持ち込んではいけない
理由です。

 

アドリブが出来ない多くの人が
考えていることですので、
是非、ジャズピアノのやり方を
学んで下さいね。

 

更に、アドリブが
出来るようになるための
コツが知りたい方は、
こちらの、
8日間無料メール講座で
ご覧頂けます。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。