自分の音とプロの音がなんか違うのですが

リッチなサウンドがなぜ出せる?

先日、ある方の質問セッションで、このようなご質問を頂きました。

 

自分のソロピアノと、プロのソロピアノ、なんか違うような気がするんです。

ソロピアノってこんなものなのかな、簡単過ぎるような感じもして、本当はもっとやることがあるような。

プロのソロピアノはとってもリッチな音がするんですよね。

 

このご意見、以前の私が思っていたことと全く同じだなと思って、思わず笑ってしまいました!

そうなんですよね。

プロの演奏って、リッチな音がするんですよ。

ここに気付けただけでも、素晴らしいなと思いました。

 

コードを扱うピアノは構造把握が大事

 

で、どうしてこの疑問が解けないかというと、ジャズピアノの本質と構造への理解が不足しているからです!

ピアノはコードを扱うため、この理解が不足すると、チンプンカンプンになってしまいます。

 

音だけ聞くと、本当にスゴイことをしているように、聞こえます。

ですが、ジャズピアノの根本的な考え方を理解すると、とってもシンプルなことに沿って、演奏しているだけだと分かります。

 

逆に、これを知らないで、人の演奏を聴いていると、

自分の演奏がなんて、下手なんだろう・・・と余計な思いが巡ってきます。

下手なのではなく、根本的な理解をしていないだけなのです。

 

ジャズは、即興演奏演奏です。

複雑なことを考えたりやっていては、即興は出来ません。

シンプルな法則をいつも落としどころにしているから、セッションの場に反応して、即興演奏が出来るのです。

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。