アドリブはインプットではなく吐き出すもの

インプットと思うと出来ないアドリブ

 

さて、私が初心者の頃、人の演奏を見てアドリブのフレーズって、どうやってあんなにスラスラ出てくるのだろう??と、いつも疑問に思っていました。

あの人の頭の中を割って見てみたい、いつもそんな風に考えていました。

誰かの演奏を録音したり、有名ピアニストのCDを聞いたり、書き起こしの譜面を見たり。

そんな風にして、アドリブがスラスラ出来るようになるための研究をしていました。

 

しかし、、、

結局はどれもアドリブに繋がりませんでした。

 

よく、誰かの演奏を聴くといいよ、なんて言われたことありませんか?

その言葉を私は鵜呑みにしていました。

実は、「誰かの演奏を聴く」という本当の意味を理解していないと、いつまでたっても、アドリブに繋がる材料にはなりません。

 

では、本当の意味とは何でしょうか?

それは、インプットではなく、吐き出すことが前提だからです!

 

アドリブとはコミュニケーション

 

アドリブが出来ない人が大きな勘違いをしているのは、フレーズをインプットして出来るものだと思い込んでいること。

これは、譜面ありきの音楽に慣れ親しんだ人程、信じ切っています。。。

 

アドリブをするためのノウハウはあります。

ですが、フレーズをインプットしたところでアドリブが出来るわけではありません。

ノウハウを使って、フレーズを吐き出すことが正しい解釈です。

ここの解釈が間違っている人は、ジャズピアノの本質、構造を理解していないために起こることです。

 

アドリブって、そもそも人とのコミュニケーションです。

これがジャズの本質です。

ジャズピアノの本質と構造の解釈ありきで、全てが進んでいくので、しっかりおさえておきましょうね。

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。