耳コピなんかやっている場合じゃないですよ

耳コピが出来ない私でもアドリブが出来た

アドリブが出来ない初心者は、何をどの順番でやるのか、これが本当に大事です。

それは、お店に行ってセッションに参加出来るまでの、手順や条件は、ある程度決まっているからです。

 

一度は誰かに勧められたことのある耳コピを、みなさんはやったことがありますか?

私もアドリブが出来ない頃、習っていた先生に勧められてやっていました。

ですが、耳コピが私は異常に苦手。

結局、何時間も、何日もかかって、ワンコーラスも書き取れませんでした。

今は、耳コピアプリがあるようですが。(笑)

 

その後私は、耳コピは一切やらずに今日まで来ました。

でも、アドリブは出来るようになりました。

 

耳コピはアドリブの為の練習ではない

 

耳コピの目的って何なのでしょうか?

 

例えば、

 

大好きな小曽根真さんが、どんなアドリブをやっているのかを知りたい!!

だって私も、全く同じフレーズを弾いてみたいんだもん!!

というのであれば、耳コピをして全く同じフレーズを弾けばよいです。

 

ですが、アドリブが出来ない初心者が、

「お店でセッションをする」

が最終ゴールであれば、耳コピでは、アドリブなんて出来ません!

そもそも、根本的なジャズピアノの構造と性質を理解していれば、初心者の耳コピが、いかに意味のない練習かが分かります。

 

今となっては、的外れなことをやっていた、過去の自分の事を考えると恐ろしいです・・・

アドリブが出来るようになるまでの、適切な道のりに気付けなかったら、私は一生アドリブが出来なかっただろうと思います。(笑)

 

この勘違いされた常識に気付ければ、誰でもセッションデビューは出来ちゃうんですよ。

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。