ジャズピアノを理解しているかの判定基準

構造を理解しているかを知る方法

ジャズピアノでアドリブが出来るようになるには、構造をきちんと理解して、整理できているかが大事です。

自分は本当に理解できているのかな?!

もし、このように思われる方は、それをテストするのに手っ取り早い方法があります。

それは、リードシートを見て、解説できるかどうかです!

解説というのは、奥が深いです。

それは、人に説明をすることが出来るくらいのレベルだからです。

何となく、感覚で分かっていて、それで演奏できるのは悪くはありません。

むしろ、そういう方は大勢います。

私のジャズ仲間でも、プロみたいにすごい演奏が出来るのに、人には曲分析や理論を説明できない、と言われる方もかなりいます。

音楽なので、「聴いて良ければそれで良し」と私は思います。

しかし、ジャズピアノの練習に関して、何をすれば良いのか分からないために、立ちふさがっている・・・という方は、感覚では出来ない方なのです。

私もそうでした。。。

となると、やっぱり、ジャズピアノの構造を理解した上で、コードワークなどの日々の練習をするというステップが必須となります。

 

感覚で出来ない人は構造把握の理解が必要

 

アドリブは、ニュアンス、感覚、センス、才能だよ・・・なんていうイメージがありますが、それは最終的なお話です。

特に、ジャズピアノに関しては、全て説明できる世界なんです。

それを丁寧に説明してくれる人が、あまりにもいないので、感覚だけを頼りに出来てしまった人が居残ったようにみえ、才能がある人だけがジャズピアノが弾ける・・・というイメージになったのだと私は思っています。

そんなことはありません。

ある程度の理解が出来て、練習をすれれば、誰でもお店でセッションに参加したり、ライブをすることは出来ますよ。

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。