初心者がお店でセッションしたい、の結果になるまで

混乱するのは全貌が見えないから

さて、ジャズを始めて間もない頃、最も混乱するのは、ジャズそのものが一体何なのか?という全貌が見えないことです。

音楽理論を読みあさっても、自分一人ではさっぱり分からず、かと言って、分かりやすく説明してくれる講師や仲間も意外といません。。。

私自身、いろいろな経験を通じて、ジャズピアノを始めて7年目にして、初めて全貌が見えて理解出来ました。

そして、ある程度の練習を続けた結果、どんなシチュエーションでも、対応出来るだろうと実感出来たのは、その1年後です。

 

見通しが立てられたら本当に理解出来た証拠

 

ここで大事なのは、ジャズピアノを本当に理解する、ということです。

私の考える「本当に理解する」は、自分でどんな練習をしたら、弾けるようになるのか、見通しが立つことです。

普段、どんなコードワークをやって、それが出来たら、次は曲を使って、どんな練習をすれば良いのか分かって、次はどんな現場に出向いて実際に演奏をすると、「ジャズピアノが弾ける」と確信が持てるのか。

ここまでの、先々の予定が自分なりに見えていることが大事です。

 

曲を使っての練習も、知識をそのまま当てはめればいいというわけではありません。

無数にある音楽理論の知識の中から、状況に合わせて、ここではこれを優先する、ここではこれをやらない、などあります。

 

練習手順が自分で分かりますか?

 

どうして今、私がここまでのことが言えるのか。

それは、ジャズピアノの全体像をきちんと理解して、何がどこに繋がるか手順を整理出来ているからです。

ここが分かると、毎日の練習も意欲的に進んで、あっという間に数時間も練習しちゃった!なんてことにもなります。

やれば、当然上達して弾けるようになり、弾けると楽しくなるから、増々練習時間が増える・・・

結果、セッションのお店に行って、ジャズ仲間と演奏したいっ!となるんですね。

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。