イントロなんて最後に出来ればいい!

イントロが出せなくてセッションに参加できない

 

セッションに行きたいけど
行けないです・・・
というご相談はよくあります。

 

その中でもよくあるのが、

私、
イントロができないので
セッションに
参加できないんです。

 

 

この気持ち、
私もよく分かります。

 

 

ピアノは
イントロが出せて
当たり前!
みたいな
空気感もありますよね。

 

 

しかも、

イントロは目立つので、

ピアノにとっては

 

美味しいところでも
あるのですね。

 

そんな、
美味しいところ、
大きな役割を果たせないので
セッションに参加できない、
参加したくない、
こんなお悩みを抱える人は
多いのではないでしょうか?

 

イントロは全ての集大成である

 

私がここでお伝えしたいのは、

 

イントロは、
一番最後に
手を付けるところです!!

 

なぜなら、
セッションで出す
イントロは、
ほぼ、ピアニスト一人で
出すものです。

 

 

ということは、
全ての事が分かっていないと、
本来は出せないのですね。

 

 

セッション経験の少ない
ピアニストがいきなり、
カッコいいイントロを
出すなんて、
本来ありえません。

 

知識も、スキルも、経験も、
全てが整った人ができるのが、
実は、
イントロなのです!

 

 

ということは、
初心者だと思っているあなたは、
イントロは、
今はやらなくてもいいよと、
自分に教えてあげて下さい。

 

 

これは、
どういう意味かというと、
最速でカッコよく
ジャズピアノが
弾けるようになるためには、
やるべきことに順番があるんだよ、
ということなのです。

 

 

100足飛びくらいに
いきなり、
イントロの練習をするのは、
つじつまの合わない話です。

 

 

それなのに、
イントロに限らず、
今のあなたのそのレベルで、
その練習はあまり意味がないよ、
と思うような順番で
練習をしている方が
たくさんいらっしゃいます。

 

 

これは、
ジャズピアノの本質と
全体像の把握が出来ていないから
起こってしまうことなのですね。

 

 

最速でジャズピアノを
マスターしようと思ったら、
結果の出やすい順番で
練習をする必要があります。

 

 

順番を一つ入れ替えるだけで、
すぐにセッションに参加できたり、
いつまでも参加出来なかったり、
という結果になるのです。

 

 

ですから、
ジャズピアノの構造や
根本的な理解は
外せないですよ。

 

 

ちなみに、

どんな順番で練習すれば、
最速でジャズピアノが

弾けるようになるのかは、
こちらに詳しくまとめています。

宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。