鍵盤を鳴らし続けることが練習だと思っていませんか

ただ音を鳴らす練習では弾けないジャズピアノ

 

ジャズピアノが弾けるようになるには、
2つのポイントがあると
以前お伝えしました。

 

 

それは、

・コツを知ること

・練習すること

 

 

今日は、
練習することに関して、
勘違いしている方が
いらっしゃるようなので、
お伝えします。

 

 

皆さんは、
ピアノの練習というと
どんなことを想像しますか?

 

 

ストイックに
ピアノに向かって
弾いている姿でしょうか。

 

 

楽譜を見ながら
指の運動をやっている姿
でしょうか。

 

 

気持ちよく
何かの曲を弾いている姿
でしょうか。

 

 

ここで、
一つ大きなポイントがあります。

 

 

それは、
クラシックのように
鍵盤をずっと鳴らしているのが
練習だと思うのは勘違いだ、
ということです。

 

 

 

クラシックの場合、
楽譜がを見ながら
何かしらの音を
常に鳴らす
練習をしています。

 

 

指が動くようなトレーニングも
ありますよね。

 

 

この時点で、
クラシックのやり方を
ジャズピアノでやっても
上達するとは限らないと
お伝えします。

 

 

なぜなら、
ジャズはアドリブが主体なので、
自分の頭の中のイメージから
音を鳴らす必要があるからです。

 

 

つまり、
鍵盤を鳴らすことの前に、
頭の中で整理したり、
考える時間が大事になるのです。

 

 

ですから、
鍵盤をとにかく鳴らすという
練習は、
ジャズピアノには通用しません。

 

 

鍵盤にじっと向かって
ひたすら考えるというのが、
音を鳴らす前段階として
とても大事になってきます。

 

考える時間が長くても練習したことになるジャズ

 

よくある質問で、
鍵盤の前に座っている時間は
長いのに、音を鳴らす時間が
正味30分くらいなのだが、
これで大丈夫なのか?
というもの。

 

 

これは、

もちろんOKです!

 

 

つまり、
頭の整理をするのが、
ジャズピアノの練習でも
あるのです。

 

 

とりあえず音を出すという
練習しかやっていない方は、
是非、
頭の整理の時間も
設けてみて下さいね。

 

 

驚くほど、
スラスラアドリブが
出来るようになりますよ!

 

 

ジャズピアニストがやるべき
頭の中の整理とはどんなものなのか、
こちらにまとめています。
宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。