教則本が不要な理由

譜面を見て弾くことを止めよう

みなさんは、
アドリブマスターのために
教則本を使ったことは
ありますか?

 

フレーズ集、
バッキング集等、
お店には、あらゆる
教則本の類が
売られていますね。

 

 

これらの本ですが、
やみくもに
利用することは
おすすめしません。

 

 

特に、
日頃の練習メニューに、
教則本はいらない!
といってもいいくらいです。

 

 

なぜなら、、、
教則本を見て練習すると
譜面を見ながらの練習に
なってしまうから!

 

 

ジャズピアノは、
アドリブの世界です。

 

本来は、
書いてある譜面を見て
アドリブはしません。

 

 

それなのに、
教則本を見て練習すると
音符表記を見て
指を動かすトレーニングに
目的が変わってしまうのです。

 

 

これは、
クラシック出身の人が
やりがちな習慣です。

 

クラシック脳からジャズ脳へシフトさせる

 

ではどうすればよいのか?

 

アドリブをするための
ジャズピアノに相応しい
「ジャズ脳」に
シフトする訓練が必要です!

 

 

書き譜を使わないで
アドリブする習慣を
身に付ける必要があります。

 

 

また、
どうしても教則本を使いたい、
というのであれば、
教則本は辞書のように使う
ことをお勧めします。

 

 

どんな風にやっているのか?
を調べるためだけに使います。

 

 

教則本を見ながら
弾くことはやりません。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

 

アドリブ上達のための
練習として、
教則本を見ながら演奏するのは
不要です。

 

 

もしかしたら、
教則本を手放すのは
勇気がいるかもしれません。

 

 

ですがここが、
セッションで
流暢なアドリブ演奏ができる、
第一歩となるんですよ!

 

 

教則本を手放して、
アドリブマスターする方法を
こちらにまとめています。
宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。